裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月8日

 以前、NHKの『ためしてガッテン』でレバーとバナナを使った「レバーナナ」という料理が紹介されていた。なんだかオモチロソウなものだってので試そう、試そう思いつつ、今日まで来た。そんな中、先日バナナをもらったのでさっそく挑戦してみることに。

・塩・コショウをした鶏レバーを、オリーブ油で2分ほどフライパンで焼いたら、いったん火を止めて余熱でさらに2分。その後、食べやすい大きさに切る。

・フライパンをキッチンペーパーでぬぐった後に、オリーブ油を引いて、一口大に切ったバナナをへらで押しつぶすようにしていため、少々の塩をふる。

・レバーをバナナと混ぜるようにして軽くいためて、おろしショウガを加える。

 お皿にはタマネギのバターソテーと、ふかしたジャガイモ、軽く火を通したトマトをあしらって、レバーナナを盛りつける。見た目はあまりおいしそうには見えないが食べてみると、バナナの甘みと香りがレバー特有の臭みを消し、それでいてしっとりと濃厚な味が引き立ち予想以上の味で、盛りつけを工夫すればけっこうおしゃれな一品になるかなと思う。
 甘い料理なので、ウイスキーと相性がいい。

【今日の雑学】
「おしゃかになる」の語源は火が強かったことによるという説がある。

江戸の鍛冶屋や鋳物師が、火が強すぎたことで金属がダメになったことと、江戸訛りでヒの発音をシとすることから「火(シ)が強かった」が「しがつようかった」、「しがつようか」。
「4月8日」が釈尊の誕生日であるということから、「おしゃかになる」という俗諺がうまれたとされるが、信憑性はいささか薄い。

【動画】
天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。その1

【小咄】
ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd:ふざけるなよファッキンジャップが。

【鉄道】
GIGAZINE:本物の鉄道車両を自分で運転できる観光名所が登場

【パロ】
朝目新聞:格闘ゲーム特集

【食】
ニュー速クオリティ:簡単で旨いパンの食し方

ニュー速クオリティ:おいしい卵焼きの作り方

  姉妹サイト裏日本観察学会・突撃巡礼隊

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。