裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

舘山寺(静岡県浜松市舘山寺町):3月4日

 近江国の名の由来は、“近い「あはうみ(淡海)」”つまり琵琶湖。対して遠江は“遠い「あはうみ」”。言うまでもなく浜名湖だ。そんな浜名湖の名所といえば舘山寺。歌川広重の『諸国名所図会』にも描かれている。

20070306155635.jpg温泉宿や鰻料理屋が並ぶ、そんな温泉街の突き当たりの、小高い山に舘山寺は建つ。
正面に見える鳥居は愛宕神社。その右隣に参道の石段が伸びる。看板には「浜名湖岸新四国第二十七番」と書かれていた。「弘法大師」や「秋葉大権現」と染め抜かれたのぼりが何本も続く。
山号:舘山
寺号:舘山寺
宗派:曹洞宗

20070306155702.jpg
本尊は虚空蔵菩薩。
開山は弘法大師とされ、もともとは真言宗だったが、明治の廃仏毀釈で廃寺。その後、再興された際に曹洞宗となった。

20070306155720.jpg20070306155735.jpg本堂左には可睡斎から勧請した秋葉三尺坊が祀られる。
堂内には巨大な天狗の絵馬が掛けられていた。

20070306155842.jpg
境内から眺めた浜名湖の景色。
かんざんじロープウェーや遊覧船が見える。

20070306155814.jpg
裏山の穴大師。
弘法大師が籠もったという岩穴で、眼病平癒のご利益があるという。中は畳一畳分ぐらいの狭さで、ろうそくの明かりがゆらゆらと揺れて神秘的な気分になる。

20070306155829.jpg
舘山の周囲には遊歩道があるが、その中で一番の絶景という恋の岬での風景。
ロマンチックな地名だが、かつて心中があった場所だという。

20070306155901.jpg

舘山寺境内とは地続きで、愛宕神社が鎮座している。

20070310152006.jpg
舘山寺納経朱印

 この日は舘山寺温泉に泊まりたかったのだが、宿が確保できなかった。そこでさらに南下して雄踏温泉にある浜名湖ロイヤルホテルに泊まる。
 部屋からは夕日に染まる浜名湖が一望できた。
20070306155918.jpg20070306155929.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。