裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小國神社(静岡県森町):3月3日

20070306152539.jpg 「森の石松」で知られる森町にある、小國神社に着いたのは4時過ぎだった。春野町側から南下する道順で来ると、桜並木を通りぬける。春になると花見の絶好ポイントなのだろうか、駐車場が数多く設けられていた。 表参道にも広い駐車場があり、その一角に梅林や花菖蒲園がある。それぞれの季節の花を楽しむことができるようになっているようだ。
社号:小國(おくに)神社
遠江国一宮

20070306152712.jpg

巨大な杉木立に囲まれた参道。
この参道には、勅使専用の参道があったという。

20070306152701.jpg事待(ことまち)池。
この池に鯉を放すと願い事が叶うという。仏教儀式の放生会(ほうじょうえ:捕獲された虫魚鳥獣を放ち、殺生を戒める儀式)が変化したものだろうか。またこの水はイボ取りの霊験があるという。
池奥に祀られているのは八王子社。

20070306152652.jpg全国一宮等合祀殿。
各国の一宮が祀られるとあるが、祭神を見る限りでは、一宮に限らず式内式外二十二社や如法経三十番神などから取り上げたと思われる神々も合祀されている。

20070306152635.jpg社殿に着くと、そろそろ社務所を閉じようとしている最中だったので、先に納経朱印をお願いする。
祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、本地仏は大日如来。小國(をくに)の名称は出雲の大社(おほやしろ)に対しての美称で、古くは許当麻知(ことまち)神社と称したという。「ことまち」は“願い事のままに叶う”の意味という。

20070310151938.jpg
小國神社納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。