裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

切戸文殊・天橋立(京都府宮津市):2月26日

20070202134553.jpg 久しぶりの里帰りだが、通常ルートではなく丹後を回って帰ることにした。その道すがら天橋立に13年ぶりに立ち寄ることにした。まず初めに日本三大文殊菩薩の一つ切戸文殊(きりどのもんじゅ)にお参りする。
山号:橋立山
寺号:知恩寺
宗派:臨済宗妙心寺派

20070202134636.jpg 本尊は文殊菩薩で、寺伝では伊弉諾尊・伊弉冉尊が国作りの際に、当地の荒ぶる竜を鎮めるために、文殊菩薩を祀ったのが始まりという。ちなみに日本三大文殊菩薩とは山形の亀岡文殊、奈良の安部文殊というが、京都の黒谷文殊や大分の国東文殊など少なくとも8ヶ所以上は確認したことがあるが…
文殊堂
20070202134646.jpg
堂内に飾られていた弓矢の的の絵馬
20070202134626.jpg 20070202134658.jpg 20070202134726.jpg
境内の様子
20070202134823.jpg
「知恵の輪」と言われるが実際は江戸期の灯台跡


20070202134737.jpg橋立に渡る途中で、船が通れるように可動橋が作動した。天橋立も台風で松が倒れたり、侵食による被害など、いろいろと大変なようだ。


20070202134747.jpg 20070202134759.jpg
橋立明神社と名水の磯清水。明神はもともと知恩寺の鎮守社と伝わる。磯清水は海に囲まれているにもかかわらず、塩味のしない不思議な井戸。

20070202134831.jpg
名物の「智慧の餅」

20070203201349.jpg
智恩寺納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。