裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

照蓮寺(岐阜県高山市) 11月18日

 飛騨牛の串焼きやミニ鯛焼き、コロッケなどほおばりつつ(食べてばかりだが)、今度は紅葉を眺めるため城山公園に向かう。
 午後から曇りだしたためか、かなり肌寒くもう一枚余分に服を着てくればよかったと思う。
20061120214330.jpg 20061120214347.jpg
色鮮やかにカエデが茂っている。前を歩いていたおばさん3人組が「これはカエデかな、モミジかな」と話していたので声を掛けた。

「モミジというのは秋に色づく葉の総称ですよ。だからイチョウもツタも、ブナやニシキギもモミジなんです。でも、その中でカエデが代表格だから、カエデの別名を“モミジ”というようになったんですよ。だから紅葉だけでなく黄葉と書いても、モミジと読むんですよ」

 ついこの間、モミジについて調べたことが早速役に立った。

 さて、城山公園の近くに照蓮寺に押しを運ぶ。

20061120214245.jpg
山門と鼓楼
 照蓮寺の山号は光耀山、本尊は阿弥陀如来で宗派は真宗大谷派。白川郷から移築された本堂は、室町時代の書院造りであり現存最古の真宗寺院だという。
20061120214229.jpg
本堂

本堂裏手には豊川稲荷の小堂があったが、照蓮寺は真宗寺院なので直接、関係ないと思う。しかし、お堂は照蓮寺ともつながっているようだった。実際はどうなんだろう。
20061120214258.jpg


 道をしばらく下りると福来友吉の記念館が建っている。心霊研究家であり念写実験で有名な人物だが(詳細はここ)、照蓮寺を拝観すると同時に見ることができる。内容は論文の原稿や念写実験の様子などのパネル展示だが、玄関に掛けてあった一文になんだか情念を感じた。ようするに岐阜県に福来博士の記念館を城山内に建てたいと希望したが、県は歴史的地区だから、そんなものはにべもなく断られたと。
 アカデミズムに対する彼らの思いがヒシヒシと伝わる。ところで、この記念館と照蓮寺ってどういうつながりがあるんだろう。基本的に真宗ってこの手の研究と縁遠いのだが。
20061120214402.jpg
福来博士記念館

さらに進んで飛騨護国神社を参詣。
20061120214421.jpg


だいぶ空も暗くなったのでホテルに戻ることにする。途中の鍛冶屋橋には、足長手長の銅像があった。水木しげる風な表情。
20061120214437.jpg 20061120214447.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。