裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

飛騨国分寺(岐阜県高山市) 11月18日

 行楽シーズンは正直大嫌いです。なぜならば、どこに行っても混んでいるからです。にもかかわらず、ふつふつと旅の虫が騒ぎ出し性懲りもなく突撃巡礼隊に出発しました。
 今回の目的地は高山。高校時代に椎名誠の旅エッセーに憧れて、旅をした思い出の地でもあります。

 普通なら車で行くのですが渋滞を恐れて、列車で行くことにしました。名古屋駅からワイドビューひだに乗ります。当然のごとく多くの乗客で混雑しています。「まったく、こんな混む日に外出しないで、家でじっとしていればいいのに!」と自分のことは棚に上げて乗車。なんとか座ることができたので由としました。列車がエンジン音をうならせながら、北へ北へと進むにつれて、山の色はだんだんと赤くなっていきます。線路と並行して流れる飛騨川の景色、その川の色はエメラルドグリーンで、山の赤、空の青と映えて旅の気分を盛り上げてくれます。

 昼前に高山に到着しました。今夜の宿のベストウェスタンホテル高山に荷物を預けて、第一の目的地である飛騨国分寺へと向かいますが、その前に小腹を落ちつかせるため、牛玉焼きなるものを食べます。たこ焼きのタコの代わりに牛肉が入ったもの。高山の新名物だそうです。

20061120213722.jpg
 飛騨国分寺は商店街の一角に建っています。山号は醫王山で、本尊は薬師如来。宗派は高野山真言宗。門前の庚申堂には、さるぼぼが何個もぶら下がっていました。

20061120213732.jpg
庚申堂
20061120213742.jpg
三重塔
20061120213752.jpg 20061120213814.jpg 20061120213802.jpg
楼門と大イチョウ

20061120213823.jpg
本堂

20061120215801.jpg
飛騨国分寺納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。