裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平泉寺白山神社(福井県勝山市) 10月21日

 永平寺から小一時間ほど車を走らせて勝山市へと向かう。市内には恐竜の看板が幾つも目につくが、当地は日本一の恐竜発掘現場でもある。
 さて、あの越前大仏の外観だけを眺めながら、目的地の平泉寺白山神社へ車を進める。その田園から、いきなり杉木立に囲まれた小道へと大きく景色は変わる。

20061023224009.jpg
越前大仏外観

 当地は泰澄禅師が白山へ登ろうとした起点であり、白山修験の越前側の拠点がここ平泉寺であった。しかし、神仏分離により寺は廃され白山神社となった。参道にはかつての僧坊跡と思われる遺跡がある。

20061023223737.jpg
東尋坊跡。この坊にいた荒法師が投げ込まれたのが、越前海岸の「東尋坊」。

20061023223759.jpg
現存する平泉寺旧塔頭の顕海寺。
天台宗で本尊は阿弥陀如来。

20061023223809.jpg 20061023223937.jpg
一の鳥居から続く参道。杉木立に囲まれ、自然石を利用した緩やかな石段を歩く。周囲は苔むしていて、低地ながらも山の霊気を感じさせる。

20061023223751.jpg
泰澄禅師の廟所。泰澄は「越の大徳」・「鎮護国家法師」とも呼ばれ、白山の主神である妙理大菩薩を感得した行者。元正天皇の治病を祈り「神融禅師」の勅号を賜った。

20061023223818.jpg
泰澄が妙理大菩薩を感得した御手洗池。平泉寺の名の由来の地でもある。

20061023223834.jpg
寺院風の拝殿。

20061023223842.jpg 20061023223850.jpg 20061023223908.jpg
妙理大権現(伊弉冉尊)を祀る本殿。その左右には越南知(おおなむち)権現(大己貴尊)と別山権現(忍穂耳尊)の祠が建つ。この三神が白山三所大権現。

20061023223916.jpg
泰澄禅師を祀る開山社。

20061023223930.jpg
境内一面は苔に覆い尽くされている。

20061023223948.jpg 20061023223958.jpg
平泉寺本坊跡に建つ社務所と、その庭(旧玄徳院庭園)。室町期のもので北陸では現存最古の庭園。

20061024160319.jpg
白山神社納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。