裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

多田神社(兵庫県川西市) 平成18年10月9日

 多田神社は清和源氏の流れを汲む多田源氏(摂津源氏)ゆかりの地。古くは天台宗寺院で多田院であったが、明治になり多田神社と改称した。
20061009180040.jpg
一の鳥居から猪名川に架かる橋。

20061009175717.jpg IMG_0944.jpg
正面南大門とそこに掛けられた「多田大権現」の扁額。
元々は仁王門だった。

20061009175919.jpg
随神門

20061009175930.jpg 20061009175941.jpg
拝殿と本殿。
祭神は清和天皇の曾孫である源満仲と頼光、頼信、頼義、義家の五柱。
満仲は多田銀山の開発、多田院開基などにより摂津武士団を堅固なものとし、その後出家した。没後にその霊廟が崇拝されるようになると、多田院と霊廟が同一視され多田大権現として信仰された。そこから当社では「清和源氏発祥の地」と称していた。
 祭神の一つ、源頼光は酒呑童子退治でも有名。立ち入りはできないが、本殿近くには鬼の首洗い池がある。境内には童謡「大江山」の看板が立っていた。

20061009180016.jpg 20061009175959.jpg
田尻稲荷神社と厳島神社(弁天社)

20061009180027.jpg
多田院の鎮守社であった六社宮。

20061009182437.jpg
多田神社納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。