裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

繁昌亭(大阪市北区天神橋) 平成18年9月23日

 繁昌亭はこの9月にオープンしたばかりの上方落語の定席。建物外観は想像よりもこぢんまりした感じで、寄席というよりも地方都市の公民館という雰囲気がする。
 本日の第1回目は11時30分から。かなりの人で混雑している。

20060924112536.jpg
天満天神繁昌亭

20060924112521.jpg
初代春団治にちなんだ人力車と顔はめ。

 まず初めに桂春菜が「みょうばん丁稚」を。続いて桂きん太郎、桂三馬枝が創作落語。笑福亭三喬が「花色木綿」を演じる。ここでは、オチへとつなげる部分で横山たかし・ひろしの物まねを組み合わせたが、このネタと自然に組み合わさっていた。そして桂米輔の「佐々木裁き」で中入りとなる。

 中入り後には繁昌亭こけらおとしの口上が披露され、桂きん枝が特別出演した。

 ひざは笑福亭仁智の創作落語。そしてトリは露の五郎兵衛の「浮世床」。話のところどころに艶笑を織り込まれ、客席は思わずにやりとする笑いに包まれた。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。