裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

敢国神社(三重県伊賀市一之宮) 平成18年9月17日

 大津から国道422号線を通り、甲賀・信楽を抜けて、敢国神社へ到着。伊賀国一宮で南宮山の麓に建つ。
 参道入り口には芭蕉翁の句碑がある。
「手は奈(な)かむ おと左(さ)へ梅乃(の) 尓本(にほ)ひか那(な) 波せ布(はせふ)」


20060917211313.jpg
鳥居

 祭神は孝元天皇の長子で、四道将軍の一人である大彦命で、伊賀氏の祖神。さらに秦氏が南宮山より少彦名命を勧請する。そして南宮山には美濃国の南宮神社より金山媛命を勧請して祭祀していたが、その後に本社に合祀され、以上三柱の神が祭られている。
 本地仏は十一面観音

20060917211333.jpg
拝殿は長床のようだ。修験の影響だろうか。

20060917211408.jpg
子授けの御利益があるという桃太郎岩。いわゆる陰陽石。

20060917211422.jpg
市杵島姫社

20060917211347.jpg
むすび社

20060917211358.jpg
大石社

20060917213654.jpg
敢国神社納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。