裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上野城・忍者博物館(三重県伊賀市上野) 平成18年9月17日

 せっかく伊賀まで来たのだから、忍者は避けては通れまいと思い上野城へと向かう。駐車場近くのチケット売り場で上野城・伊賀流忍術博物館。だんじり会館の共通券を購入。子ども連れの家族客が多い。

20060917211452.jpg 20060917211505.jpg
上野城の石垣。高さ30mと日本最大級だという。

 石段を登っていくと天守閣が見えてくる。城内は骨董や藩主藤堂家ゆかりの武具、書画などの博物館になっている。
 ただし、実際は江戸期の上野城には天守は存在していなかった。天守を再建する前に武家諸法度で築城が禁止され、それ以前に天主そのものを必要としない時代になっていたからだ。
 現在の天主は昭和10年に地元政治家、川崎克が私財を投じて建てた模擬天守。当時、川崎克の銅像を建てる計画があったのを、本人が辞退しそれよりも上野城を復興すべきと立ち上げたものだという。

20060917211515.jpg
上野城天主
 
20060917211438.jpg
俳聖堂。昭和17年に芭蕉生誕300年を記念して公園内に建てられた。笠を被った姿をイメージした建物で、中には伊賀焼の芭蕉翁桃青像が安置されている。

 次に伊賀流忍者博物館へ向かう。入り口には行列ができていた。一定人数がそろうとガイドが屋敷内の仕掛けを説明してくれる。

20060917211536.jpg
忍者屋敷外観

20060917211551.jpg 20060917211607.jpg
どんでん返しと地下道に通じる仏壇

20060917211619.jpg 20060917211629.jpg
隠し部屋に通じる床の間と、見張りをする忍者

 小さいころ、この忍者屋敷にすごく憧れていて、大人になったらこんな仕掛を施した家を建てるんだと考えていた。実際、建てたら使い勝手悪いだろうな。
 さらには忍者道具や衣装などを展示する資料館へと続く。手裏剣やくない、かすがい、忍者刀などが並んでいた。そこでお馴染みの水蜘蛛もあった。水を歩く道具ではないことは知っていたので、実用不可の道具だと思っていたが、泥が堆積した沼地や湿地を歩く道具であることを初めて知った。いうなれば雪上を歩く「がんじき」のようなものだ。

 さて、忍者屋敷でつくづく不思議に思っていたのは、なぜこんなにも仕掛けをする必要があるのかということだ。忍者は忍者であることがばれないようにするのが基本条件。しかし、こんなにも仕掛けがあるというのは、ばれているということが前提になっているようだ。その点が不思議だったのだが、実はこの屋敷、伊賀者が火薬を調合するための屋敷だったのだ。
 伊賀者といってもすべてが隠密活動をするわけではない。火薬などの武器開発も重要任務。当然にその製法を盗み取ろうとする者も出てくる。それを防ぐための仕掛けだったのだ。

20060917211523.jpg
公園内の稲荷社

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上野城について

上野城上野城(うえのじょう)は、三重県伊賀市にある城。三層の天守をもち、白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれる。現在のものは昭和の模擬創建で正式には伊賀文化産業城という。国指定史跡。築城天正伊賀の乱で焼け落ちた平楽寺の跡に、大和郡山市|大和郡山から移ってきて伊賀

日本の城ピックアップ 2007年02月07日(Wed) 07:33


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。