裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月9日

 本日、9月9日は五節句の一つ、「重陽(ちょうよう)」です。陽数9が重なるところから「重九(ちょうく)」とも、あるいは菊酒を飲んで長寿を祈るところから「菊の節句」ともいいます。
 菊酒といえば、『塵添藍嚢鈔(じんてんあいのうしょう)』によれば、周の穆王に寵愛を受けていた慈童が、誤って枕を踏み越えてしまい深山へ流刑となった。しかし穆王は災いが起きぬように密かに法華経の一句を慈童に授けていた。慈童はその句を毎日唱え、菊からしたたり落ちる露を飲み続けたことで、少年の姿のまま700年も生きながらえ、彭祖
となのり神仙になったという。
 能楽「菊慈童」「枕慈童」でも知られる物語だが、支那の文献には見いだせない話なので、日本で作られたものと思われる。
 ただし『荊楚歳事記(けいそさいじき)』には重陽の菊酒が記され、その起源は「『豫章記』に云う。南陽に菊水あり。其の側に居る者、寿多し」とあり、それに倣ったものだとしている。
 また同書には、重陽には高いところに登るともある。「バカと煙は…」などといいますが、今日は堂々と高いところに登れますね。

 他の人日(じんじつ:七草の節句)、上巳(じょうし:桃の節句)、端午(たんご:菖蒲の節句)、七夕(しちせき:竹の節句)に比べて現代ではマイナー感漂う重陽ですが、今晩の一杯には菊の花を浮かべてはどうでしょうか。



【テキスト】
小畑健逮捕に見る、ナイフ所持に言い訳が出来ない現実について (神聖マルチ王国

【鉄道】
フリーザ様に似てるかも?な電車が登場 (日刊スレッドガイド

【韓国】
金総書記にそっくり ソウルで話題の人気者

【2ch】
エロ漫画を描いてほしい漫画家 (痕跡症候群
高橋葉介に一票

【動画】
かなり恥ずかしい盗難車の持ち主 (Gari@Suta-GUTI
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。