裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

神宮[皇大神宮:内宮](三重県伊勢市宇治館町) 平成18年9月3日

 内宮前の道路はかなり渋滞していた。多くの参詣者は外宮にはお参りせず、内宮のみで済ませるのだろうが、片参りにも程があるだろう。この半分の参詣者が外宮にも足を伸ばせばと思いつつ、静かな雰囲気が崩れるのもどうしたものかと思う。

20060904214218.jpg 20060904214354.jpg
宇治橋と五十鈴川

20060904214231.jpg
五十鈴川の御手洗場。この日は水量がかなり多かった。かつてはこの川で実際に禊ぎを行ってから参詣していた。

20060904214245.jpg
神宮の境内。人は多いが森に包まれていて、静かな空気が漂う。

20060904214259.jpg
正宮は正面からの撮影が禁止されているので、石段下から撮る。祭神は天照坐皇大御神。何度お参りに来ても、背筋が伸びる思いがする。

20060904214311.jpg
別宮の荒祭宮(あらまつりのみや)は天照大御神荒御魂を祭る。

20060904214327.jpg
別宮の風日祈宮(かざひのみや)は級長津彦命、級長戸辺命を祭る。


 ことさら多く語るよりも、神宮の雰囲気は足を運ぶのに限る。それは西行法師の歌が端的に示しているだろう。

「何ごとのおはしますかは知らねども かたじかなさに涙こぼるる」

20060904214339.jpg
境内を遊ぶ鶏

20060904223448.jpg
内宮納経朱印



20060904214409.jpg

神宮門前は多くの人で賑わい、「お伊勢参り」の雰囲気が大いに感じられる。おかげ横丁でお土産に伊勢たくあんを購入。

20060904214419.jpg
赤福本店前で夏季限定の赤福氷を食べる。
店内はたくさんの人でごった返していた。定番の赤福もお土産に購入する。

20060904214430.jpg
この氷の中に赤福が隠されている。

 太閤出世餅の本店でもお茶をする。せっかくのダイエットが無駄になりそうな勢いだ。久しぶりに食べたがやっぱりうまい。赤福に比べたら知名度は低いが、もっと全国に名が知れ渡ってもいいのにと思う。当然、お土産に購入。
 お茶屋で伊勢の抹茶も購入した。


本日の宿は津市郊外の磨洞温泉涼風荘。
温泉はぬるめのお湯なのでゆっくりと一時間近く漬かり、疲れを取る。
夕食はこの旅館名物の洞窟料理。この土地はかつて磨き砂の採掘場で、その採掘抗跡を利用している。
20060904214440.jpg 20060904214454.jpg

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

磨洞温泉のお得な情報

磨洞温泉のお得な情報

旅を連想するようなページにしようと思います。 2007年05月20日(Sun) 23:18


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。