裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

椿大神社(三重県鈴鹿市山本町) 平成18年9月4日

 鈴鹿市の郊外を走っていると、一面に茶畑が広がっていた。伊勢地方は茶所でもある。
20060904214649.jpg

 椿大神社(つばきおおがみやしろ)は鈴鹿山系に建ち入道嶽を神体山とする神社で、猿田彦大神の総本宮とされる。伊勢国の一宮。

20060904214705.jpg
木立に囲まれた参道。

20060904214723.jpg
御船磐座は猿田彦大神、天津彦火瓊瓊杵尊、栲幡千千比賣尊が降臨した場所とされる。

20060904214735.jpg
土公神陵。後方の古墳は猿田彦大神の御陵。

20060904214746.jpg
本殿では神職が声高々に祝詞を唱えていた。祭神は猿田彦大神で、相殿に天津彦火瓊瓊杵尊、栲幡千千比賣尊を祭る。猿田彦大神は天孫降臨では先導を担った神で、鼻の高い異形の神とされる。各地の祭礼で、天狗が行列の先陣を進むことがよくあるが、あれは厳密には天狗ではなく猿田彦大神。

20060904214757.jpg
別宮の椿岸神社。祭神の天之宇受女命は猿田彦大神の妻神であり、天の岩戸では裸踊りを披露した神。お多福のモデルでもある。

20060904214808.jpg
行満堂。猿田彦大神の末裔で、役行者を導いたという行満大明神を祭る。また旧神宮寺に縁のある大日如来・十一面観音・薬師如来・阿弥陀如来・不動尊・聖徳太子の尊像や関係物故者の霊璽も祭られている。神具とともに磬子や香炉、経典が置かれていた。

20060904214820.jpg 20060904214830.jpg
延命地蔵堂。その隣に石塔群が祭られていたが、これも旧神宮寺と関係があるのだろうか。

20060904223419.jpg
椿大神社納経朱印

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。