裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青倉神社(兵庫県朝来市生野町) 平成18年8月15日

 青垣町から生野町へ向かうには国道429号線を通るのだが、この道はまさに「酷道」というにふさわしい。というのも、国道の標識を途中で見るまではてっきり林道だとばかり思っていた。なにしろ普通乗用車1台がやっと通れるほどの道幅しかなく、対向車が来たときは交互運行しかできない(しかもご丁寧に429<死に苦>だ)。

Dc5.jpg
これでもまだ道が広い箇所

Dc4.jpg
青垣峠
 峠を越えると幾分マシな道となる。黒川ダム湖沿いの山道へと入る。

 青倉神社は青倉山上に建つ岩藏信仰の神社で、眼病平癒で知られている。特に山から湧き出る水にその力があるとされる。

Dc42.jpg Dc43.jpg
参道入り口の不動堂。中には不動尊と地蔵菩薩が祭られている

Dc40.jpg
参道入り口

Dc24.jpg
左手は社務所。かつては参籠所として利用されていた

Dc32.jpg
本社は2階建て構造

Dc28.jpg
手水舎

Dc27.jpg
稲荷神社

Dc26.jpg
本社1階。神体の岩藏を包む込むように建てられている。拝殿・本殿は2階で左右にある階段を昇ってお参りする。祭神は和久産巣日神とも稲倉魂尊ともされる。

Dc34.jpg Dc38.jpg
本社右手の山上から神水が湧いているが、今日は水量が少なかった(3年前の春にお参りしたときは、もっとたくさん水が流れていた)。一節にはウドで目を突いた老爺が、神のお告げでここの水で目を洗うと、目が治ったという。だから氏子はウドを食べないという。実際、ここの水にはホウ酸が含まれているようだ。

Dc35.jpg
裏側から岩藏を拝する。付近には地蔵や不動尊などの石仏が祭られていて、神仏習合の色彩が強い。

Dc29.jpg Dc31.jpg
奥之院の観音堂。正面背後は崖になっているので側面から撮影。堂内には十一面観音が祭れらていて、完全な仏堂形式。

Dc22.jpg
青倉山から多々良木ダムを眺める

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。