裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

一人芝居

560 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/04/18(火) 12:13:19 ID:wW1bxLIr
中学3年生のある日、部活を終えた私(女)は忘れ物を取りに教室へ戻りました。
忘れ物をしまいながら「こんなとき少女マンガだったらA君(好きな男の子)が
忘れ物取りにやってきたりするのになあ…」とヘンな妄想をしてしまった私。
「まあ、そんな都合いいことあるわけないか!」と思いつつなんだかテンションが
上がってしまった私は、「忘れ物を取りに来たあの人と青春の一こま」的な1人芝居を死にたい開始しました。
私「あれ?A君」
私「おっどうしたの。まだ部活?」
私「いや、忘れ物しちゃって…」
私「俺もだよー偶然だね」
私&私「あっはっはっはっは…」
そしてクラスや部活の世間話をしたあと告白されるあたりまで演じ切り、さすがに
恥ずかしくなって「アハハー」と変な笑い声を上げて帰ろうとしました。
A君が忘れ物を取りに来てました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。