裏日本観察学会総本部

「どうでもいい」と見過ごされがちなニュースや出来事、面白ネタに雑学、2chネタなどを観察します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お彼岸のお話

今日は春分の日なので、「お彼岸」の由来について再度書きたいと思います。

 さて、「彼岸」ですがこれはサンスクリット(梵語)の「pa(-)ramita(-)」の訳語である「到彼岸」の略であり、パーラミーターを音写したものが「波羅蜜波羅蜜多(はらみた)」です。迷いの多きわれわれの世界を「此岸(しがん)」、つまり“此の岸“というに対して、悟りの世界を“彼の岸”と表現します。

 春分・秋分の日に仏事を営む風習は日本独自のもので、『日本後紀』第十三「大同元年三月辛巳」に、早良親王(崇道天皇)の鎮魂のために諸国の国分寺で「春秋二仲月別七日、金剛般若經を讀ましむ」とあるのが初見とされます。

 春分・秋分の両日は太陽が真東から昇り、中天を通って真西に沈む日ですが、インドでは東は過去(因)を、西は未来(果)を象徴する方位とされます。そのため、善導(唐代:支那浄土教の大成者)は『観経疏』「定善義」において、春秋において真西に沈む夕日を観ながら、阿弥陀如来のまします西方極楽浄土を観想し、往生を願う「日想観」が説かれます。この考えが春分・秋分の仏事に由来するといわれます。また、仏教伝来以前からある太陽信仰に基づく日ともされ、「ひがん」も「日願」に由来するという説もあります。つまり、豊穣を祈り、また祝うため、神である祖霊を祀るという信仰がこの両日には既に行われており、そこに仏教と習合して、仏事・作善を行うことで荒ぶる御霊を鎮魂するという、先祖祭りとしての“彼岸”が形成されたともいわれます。

 いずれにいたしましても、日常の生活に追われて、普段見過ごしがちな仏事・作善を行う良いきっかけになる“彼岸”という行事は、仏教の日本化・民衆化を如実に体現した日ではないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

WBCキューバ戦で、観客席のとんねるず石橋が一瞬テレビに映る

画像を見る:(YAMATO様ファンクラブ)
いったい、何を見ていて気付いたんだ?

PageTop

名古屋駅にハム太郎出没

続きを見る:(2ろぐ)バカだ…、あまりにもバカだ……

こんなバカが日本にいるかと思うと、会長は嬉しくなるぞ

PageTop

ドッジボールではよくある事

PageTop

秋葉原でエロい路上コスプレが大流行!

スレを見る:(ニャー速。)
日本の将来は大丈夫かと心配したくなるが、中世のカブキ者や婆娑羅というのも、こういった連中と変わらないのかもしれないね。
もって生まれた血なのかな

PageTop

カニを飼(買)いませんか

PageTop

ある日突然家でマス釣りができるようになったラッキーな男

PageTop

ルパン8世

続きを見る:(バカ漫画の世界)
双葉社に児童書は似合わない

PageTop

簡単なマジック

PageTop

WBC世界一

611 名前:水先案名無い人 投稿日:2006/03/20(月) 00:44:43 ID:7+JeDREF0
あり得ないほど少年マンガっぽい展開なので、あらすじをまとめてみた。Ver1.6

・ナショナルチーム結成前に、監督に内定していた国民的元人気選手が病に倒れる。
・かつて戦友でありライバルであった、偉大な世界記録保持者が代わって監督となる。
・2人の世界的選手のうち、気さくでオープンだと思われていたスラッガーが、まさかの出場辞退
・しかし、今まで無愛想で個人主義だと思われていた男が参加。チームリーダー役となる。
・順調な一次予選リーグ。無難に突破するも、因縁の相手には競り負けてしまう。

・監督、アメリカ出陣前に、療養中の元戦友から、「私も一緒に戦う」と国旗をかたどった宝石バッヂを託される。
・アメリカに渡って二次予選開始。誰もがその強さを認めるアメリカ戦。日本は善戦するも、ありえない誤審でペースを狂わされ敗れてしまう。
・その後一勝し、因縁の相手と再び対決。まるで敵地のような右翼的民族主義的応援団に囲まれる中、またも競り負ける。
 試合後にはマウンドに相手国旗を立てられ、日本リーダーに嘲笑のコールを浴びせられ、決勝トーナメント進出は絶望的となる。
・リーダー「生涯最高の屈辱」と、キャラ的に考えられなかったように感情をあらわにして荒れる。やけ食いやけ酒の後、歯も磨かずに寝てしまうほど。
・しかしリーグ最弱と思われていたメキシコが「俺達ゃもう決勝にゃいけそうもねぇ。
 だが、あんな判定するアメリカを決勝に行かせるわけにゃいかねぇぜアミーゴ。行くならお前ら日本だぜセニョール」とアメリカ戦に挑む。
 またもあり得ない誤審の不利を跳ね返し、なんと勝利。日本決勝進出。

・中華料理店で「怖くてテレビから離れた席に座っていた」日本監督、店内のメキシコ人客がハイタッチを求めてきたことでそれを知る。
・決勝トーナメントで三度の因縁の対決。中盤まで息も詰まる均衡が続くが、国際試合にはめっぽう強いピッチャーがしのぐ。
・後半、不振だったスラッガーが、まさかの代打ホームラン。これを皮切りに打線が爆発して完封大勝。

PageTop

神様、お願い

105 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2006/03/21(火) 14:58:11 ID:l//UQCyr
大学受験を控えた元旦、一人で初詣に行った。
生まれて初めて絵馬をを買い、「慶應大学に合格できますように」と書こうとしたのだが、
緊張のあまり一文字目で大きく「鹿」と書いてしまった。
上から書き直すのもバカ丸出しだったので、新しい絵馬を買って書き直した。
書き間違えた絵馬には「鹿になりたい」とだけ書いて吊しといた。

PageTop

なんでも試したい時期

282 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/21(火) 15:25:13 ID:FM+bxrwj
母からWBC決勝戦終わった瞬間に届いたメール

「日本バンザイ!!世界一だよ!!」


…いや、あの、俺もあなたの後ろで観てましたから。

その後直ぐに、「ゴメンね。お父さんに送るつもりだったの」とメールが来る。


いや、その、目の前にいるんだから、直接言えば良いのに。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。